妖しく官能的なネオン街で織りなされる恋とすれ違い…ウォン・カーウァイが幻想的に紡ぐ男女5人の群像劇「天使の涙」

配信作品・解説 STAFF: YK
妖しく官能的なネオン街で織りなされる恋とすれ違い…ウォン・カーウァイが幻想的に紡ぐ男女5人の群像劇「天使の涙」

目次[非表示]

  1. 天使の涙(ウォン・カーウァイ 1995年 香港)

天使の涙(ウォン・カーウァイ 1995年 香港)

殺し屋の男とエージェントの女。2人は仕事上のパートナーで顔を合わせたこともないが、エージェントは殺し屋に恋をしている。一方、仕事に限界を感じていた殺し屋は足を洗って姿を消す。エージェントが暮らすマンションを父親と管理しているモウは口のきけない男で、夜中に人の店を勝手に開けては商売している。そんなある日、モウは失恋した女に恋心を抱くが、女は振られた男を忘れられず彼の結婚相手である金髪女性を探し回る──
ウォン・カーウァイが前作『恋する惑星』の一話として作った物語を一本の映画に膨らませた作品。夜の香港ですれ違い恋をする男女5人を、盟友クリストファー・ドイルによる浮遊感のある映像で幻想的に綴る。

■出演
レオン・ライ、ミシェール・リー、金城武、チャーリー・ヤンほか
ザ・シネマメンバーズにて8/8より配信開始
ご視聴はこちら
「天使の涙」(C) 1995, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー