ポップで幻想的!香港ニューウェーブの旗手ウォン・カーウァイが新感覚の映像美で描いたラブロマンス「恋する惑星」

配信作品・解説 STAFF: YK
ポップで幻想的!香港ニューウェーブの旗手ウォン・カーウァイが新感覚の映像美で描いたラブロマンス「恋する惑星」

目次[非表示]

  1. 恋する惑星(ウォン・カーウァイ 1994年 香港)

恋する惑星(ウォン・カーウァイ 1994年 香港)

ある夜、雑踏の中ですれ違った刑事223号と謎の金髪女。麻薬ディーラーである女は取引先で裏切りに遭い、偶然入ったバーで刑事223号と再会する。失恋し酒をあおっていた223号は女と打ち解け、2人でホテルに入る──。223号と偶然すれ違った飲食店の店員フェイは、恋人と破局して間もない常連客の警官663号と出会う。元恋人が店主に託した663号宛の手紙をフェイが開封すると、663号の部屋の合鍵が入っていた───
まったく接点のない2組の男女が織りなす出会いと恋模様を、香港ニューウェーブの旗手ウォン・カーウァイ監督が幻想的な映像美と音楽センスで織りなす。歌手でもあるフェイ・ウォンが歌う主題歌「夢中人」も印象的。

■出演
トニー・レオン、フェイ・ウォン、ブリジット・リン、金城武ほか
ザ・シネマメンバーズにて8/1より配信開始
ご視聴はこちら
「恋する惑星」(C) 1994, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

関連する記事

注目のキーワード

バックナンバー